株投資について考える男性

株投資、誰でもできるってホント?

株は誰でもできます。もちろん、年齢によっては口座開設が難しかったり、購入できない銘柄もあります。しかし誰にでもできると思えば、株で稼ぐ自信がないあなたもきっと、なにかを得られるはずです。

株は誰にでもできるって本当?

株は誰でもできる、非常に敷居が低い投資方法の1つです。
銀行口座の開設のようにインターネット上で利用申し込みができますし、一度口座を開設すれば、パソコンやスマートフォンを利用して簡単に取引を行う事ができるものです。
しかし、一般的には誰でもできるものではない、というイメージがつきものです。
株に対する敷居の高いイメージを与える要因の1つに、リスクの高さが挙げられます。
確かに、投資方法によっては手持ちのお金の何十倍といった額のお金を取引できて、失敗時の損失も巨額です。
ただし、こうした投資方法は極端な例で、一般的な投資ではそこまで大きなリスクがある訳ではありません。
例えば、朝9時に株価100円の株式を100株購入したとしましょう。
購入額は1万円です。20分後に102円に値上がりした時に売却すると、102と100をかけて10200円が得られます。
これで、投資により200円の利益を得た形です。これを逆に考えると、98円に値下がりしたとしても、200円の損失に留まります。
更に、値幅制限という制度があり、一定以上の値上がりや値下がりをしない仕組みになっています。
株価100円の銘柄の取引であれば、1日に上下50円までの値動きに限定されます。
どう取引されても50円~150円の間に収まりますので、利益も損益も最大5000円で収まる仕組みです。
つまり、得をしても損をしても、投資した資金の半分だけになります。
このように、株式投資は極端なリスクのイメージが先行しているものの、実際はそこまで大きなリスクを持っているものではありません。
投資資金の額によっては損益も大きなものになりますが、それを避ける為のリスクヘッジの技術も様々にあります。
リスクが存在するのは事実であり、稀に全面的に株価が値下がりする危機的な状況が発生する事もありますが、極端な値動きが起きる事はそこまで頻繁には起きません。

株を始めることで得られるものは金だけじゃない

株を初めて成功すれば、投資利益という形でお金を得ることが出来ます。
金額は大小様々ですが、継続して投資利益を上げ続けることが出来れば、会社員生活では手にすることが出来ないほどの大金を稼ぐことも可能なのです。
そのため、株を始める人はお金が目的という見方をされることが多いですが、株で得られる物はお金だけではありません。
まず、豊富な経済の知識を身に付けられます。
株の個別銘柄の動きは、その企業の業績によって決まります。
そのため、企業の業績を知るための資料である財務諸表を読むことが出来るようなるのです。
また、企業業績は好調でも、株価は下がるということもありえます。
この場合は、国内経済や世界経済の状況が芳しくないためです。
では、何故芳しくないのかを積極的に調べるため、自然と経済の知識が身につくのです。
また、世界経済の情報を得るためには英語が必須です。
現在はインターネットによって世界各国のニュースサイトに掲載されている記事に自由にアクセスすることが出来るようになりましたが、英語が出来なければ記事の内容が把握できません。
近年は日本以外の国が発端となる経済事象が多いため、英語を学ばなければより深い情報を得ることが出来ないのです。
そして、株を始めることで得られるお金以外の大きなものが「時間」です。
会社員であれば、週に5日間という長い時間を働き続けなければならず、さらに残業や休日出勤をしなければならないこともあり自分の自由になる時間はとても少ないはずです。
株で成功することが出来れば自分の時間を削ってまで必死に働く必要は無く、生活の質を上げるための時間が確保できるのです。
株を始めることで、経済の知識や語学、そして時間が得られるのです。

株で大金を得たいならまずこの銘柄をチェック

株で大金を得たいと思った時には、バイオ関連銘柄は欠かすことができません。
バイオ関連銘柄というのは安定性にかけるものが多いのですが、その分一度株価が上昇した時の破壊力というのは非常に大きなものとなります。
新薬の開発というのは非常にお金がかかるものであり、またお金をかけても成果がなかなか現れるようなものではありません。
そのため、バイオ関連銘柄の多くはほとんど売上がないかあるいは万年赤字企業というのも少なくありません。
それだけに業績的にも不安要素が大きく、新薬が開発される前に倒産をしてしまって投資した金額を全て失ってしまうという恐れもあります。
しかし、一度画期的な新薬が開発された時には莫大な利益を生み出すことになりますから、低迷していた株価もぐんぐん上昇して短期間で十倍、二十倍になるということも珍しいことではないので大金を得たいというのであればバイオ関連銘柄は欠かすことができません。

次にIT関係の銘柄というのも爆発力が大きい銘柄であり、IT企業というのは現在最も注目を集めている業種のひとつといっても過言ではありません。
そして、この業界は流行り廃りが激しいのでそれまで隆盛を誇っていた企業があっという間に業績不振になってしまうこともあれば、それまでパッとしなかった企業がたったひとつのサービスが大ヒットするだけで業績が急上昇して株価も何十倍にも膨れ上がることがありますから、大金を得たい時には見逃すことが出来ない銘柄となっています。

気をつけておきたいことは、大金を得る可能性があるということはその逆もありえるため、あまりつぎ込みすぎると資産を全て失ってしまうという事もありえるので、このような銘柄に投資をする場合失っても困らない範囲のお金で投資をしましょう。